×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

写真散歩
山崎サントリーカーブ 2008冬
(その1)

2008年3月のダイヤ改正で、「日本海2号」「銀河」「なは・あかつき」などが姿を消すことになりました。お名残撮影に山崎駅付近へ出かけてきました。
(2008/2/16 撮影)

名神高架下を引き上げて、西国街道を古民家ウオッチングしながらサントリーカーブへやってきました。すでに3月改正で廃止になる列車はすべて通り過ぎ、朝のラッシュ時間帯に掛かるので、長距離列車の運転も少なく、ファンの数はだいぶん減っていますが、それでも十数人が並んでカメラを向けていました。

「ひだ23号」が通過です。おじさん世代には、急行「たかやま」のほうが通りがよいのですが(笑) わずか4・5両の編成なので、あまり正面勝ちが構えると、固まったような写真になってしまいました。 8:22 頃

「北近畿3号」(回送)です。 この場所は下り列車は内カーブになるので後追いだと、編成の前半分が途切れてしまいます。かといって、京都向きにカメラを構えると朝日がもろに逆光になるので写しづらいところです。 8:37 頃

オーシャンアロー5号です。このときは日が翳ったので、正面から狙うべきだったようです。 8:45 頃

「はるか4号」です。 8:53 頃  この日は、現地に行くのが遅かったので、踏切り近くの位置しか確保できませんでしたが、もう100mくらい大阪よりに行くと、バックのマンションが気にならない写真が撮れるそうです。

「サンダーバード7号」です。 8:59 頃 私が撮影を始めた8時半頃から保線区の人が来て、線路の整備をはじめました。列車無線で接近情報を流してくれるので、狙い目が来るのがすぐにわかってありがたかったです(^^ゞ それでも複々線の大幹線の保線作業は大変なようで、次々にやってくる列車にしばしば作業を中断させられて効率が悪そうでした。



Home

名神クロスへ
       
Next

Index