×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









魚沼線・赤谷線
in 1984
(その1)
東京生活にもなれた初夏の週末に、思い立って銚子電鉄をたずねてきました。まだ、テレビドラマ「澪つくし」が放映される一年前で、一般にはそれほど知られていなかった頃ですので、ローカル電車の風情が残っていました。

(S49(1984)/05/26 撮影) 


東京→千葉→松岸→成田→我孫子→東京という一筆書き切符を買って、東京地下ホームから、一路銚子へ向かいます。


銚子駅のホームの外れには、銚子電鉄の乗り換え改札があり、ここからとりあえず外川まで行ってみることにしました。


外川駅の銚子側から見た構内の様子です。701ほか3両の電車が写っていますが、後ろ2両は、この後の犬吠埼見物の団体さん輸送用で、留置されているだけです。
機回し線はまったく使われていないのか、草むしています。

とりあえず、線路にそって撮影しながら銚子方面に戻ることにしました。
301号  (犬吠〜外川?) 
撮影地は、記録がなくて想定です。ご存知方がおられましたら、掲示板でお知らせください。
701号 これも想定ですが (海鹿島〜君ヶ浜??)

上と同じ場所です。


このコーナーで使用しております背景の「アヤメ・ショウブ」のイラストは、「blue daisy」さんの素材集「blue daisy」よりお借りしたものです。無断転載はお断りします。



Home

Back

Next

Index